コンサート内容

  • 目玉のひとつ

ジョージ・ガーシュインのラプソディ・イン・ブルー

米国音楽を代表するクラシックからジャズと幅広い音楽の作曲家、音楽家の代表作です。
最近では、連続テレビドラマ、「のだめカンタービレ」の主題曲として話題にもなった曲、
霧生トシ子さんが記念すべきカーネギーホールでのリサイタルで披露した曲です。

 

  • 2ピアノによる演奏。

 (大賀ホールにあるスタインウェイとヤマハの2台のグランドピアノによる演奏

 

  • 2ピアノの曲目

1)いそしぎ
2)メヌエット(J.セバスチャン、バッハ)
3)酒とバラの日々


霧生トシ子さん、太田寛二さんのおしどり夫婦が、
ジャズとクラシックのトーンを織り交ぜて2台のグランドピアノで演奏。

 

  • 白鳥(サンサーンス)
    霧生吉秀さんのファゴットによる演奏

  • 秋の空(作詞:八木重吉、作曲:畑中良輔)
  • 落葉松(作詞:野上彰、作曲:小林秀雄)
    太刀川悦代さんのソプラノによる歌
  • A列車で行こう / Take The 'A' Train
  • シカゴ・プリファード/ Chicago Preferred       
  • ウナ・マス/ Una Mas                                    
  • 丘の上に住む人/ The Folks Who Live on The Hill    
  • アイ・リメンバー・ユー/ I Remember You
  • 前奏曲/Prélude 7番 8番 15番/雨だれ (ショパン)
  • あふれる涙/ Wasserflut
  • ウンポコロコ/ UMPOCOROCO
  • スワンダフル/ S’wonderful            
  • ウィートゥ/ Wetu
  • ご縁/ Go En